« 無反射コーティング(ARコート) その2 | Main | ドロップインモジュール作製でのエポキシ充填方法 »

February 06, 2005

単三1本で光るドロップインモジュール

単三電池1本で Luxeon LED が動く ARC MANIA 氏の Super Converter を買う機会が有ったので試してみました。


そこでドロップインモジュールに作り、INFINITY MOD2 に入れることにしました。

サンドイッチショップで買って有ったドロップインモジュール作製用の "Connector and Bare Emitter Board" を Super Converter にもそのまま使って組立てることにしました。ただし、Badboy はコネクター2本づつで組立ますが、こちらは1本づつとなります。

治具代わりに ECan を使用しました( ECan を利用するのは kj さんのテクニックです)。

先ずは、コネクターを Super Converter にハンダ付けします。ハンダゴテの出力が大きいとボード上のチップが取れるなど悪影響があるそうなので、15W のコテをスポンジの水で冷やしながら慎重に取付けました。

 

その後、Bare Emitter Board 側のコネクターを極性を間違えないようにハンダ付けしました。なお、+接点にハンダを盛るのは熱的にマズそうなので、モジュールの高さを 1.5mm ほど高く仕上げました。これでその気になれば Fire~Fly でも高さ的には使えるハズです(モジュール固定方法は要検討ですが・・・)。

 

LED は、何を付けようか迷ったのですが、使用目的は単三1本のニッケル水素電池なので、Vf ランクの低い LED の方が明るいのではないかと考え、TX0J と QW0H を比較するとQW0H の方が少しだけ電流が多く流れることが分かったので、QW0H を付けることにしました。

単三電池1本で使えるドロップインモジュールです。
左から、Madmax Plus Lux3(T)、Madmax Plus Lux3(TX0J)、Madmax Reg LuxI(R2H)、Super Converter LuxI(QW0H) です。
なお、Super Converter のモジュールはこの後エポキシを入れ圧縮強度を向上させる予定です(エポキシなしで使うとミニマグなどで使った時、コネクターとボードのハンダが外れモジュールが潰れます)。

なお、ドロップインモジュールは使用する LED でも明るさが変わり、また効率などはランタイムを取らないと分からないので、本来比較のしようが無いのですが、取り敢えず他のモジュールとの明るさ比較をして見ました。

Madmax Plus Lux3(T)・・・・・・・・1,239 lx/50cm
Madmax Plus Lux3(TX0J) ・・・・・・1,276
Madmax Reg LuxI(R2H)・・・・・・・・940
Super Converter LuxI(QW0H)・・・・955

この結果からは Super Converter は Madmax Regular よりは電流が多く流れているようです。なお、ホームページ上のデータは、コリメータにCutdown NX-05 + Madmax Lite を使用していますが、今回のデータはCutdown Fraen LP を使っているのでデータや照射などは比較ができません。悪しからずご了承くださいm(_ _)m


Super Converter (SC600)の公称値は以下のようです
 1.2V~3.2Vに対応
 1 x CR2/CR123リチウム電池 使用時: 600mA 出力
 2 x AA アルカリ/オキシライド電池 使用時: 600mA 出力
 2 x NiMH2100mAh~2300mAh 使用時:580mA 出力
 1.2Vの場合:380mA 出力

|

« 無反射コーティング(ARコート) その2 | Main | ドロップインモジュール作製でのエポキシ充填方法 »

Comments

Silver さん、こんにちは。

今回のデータは、Ni-MH 1.28V 2本を使い、1本目の電池でモジュールをある順番に測定し、その後2本目の電池でその逆順で2回目の測定をし、その2つのデータを平均したものです。

なお、Ni-MH も最初の数分は電圧低下が大きいので少し使って安定している状態と考えた電池でテストをしました。

このような電池のため、データは、MM+ TX0J が、1300と1252 となぜかバラツキましたが、それ以外のモジュールはほとんど数字が同じでした。

今回の結果と、3V電源時での公称電流値を目安に類推しますと、電源電圧が上がった条件でもモジュールの明るさ順が入れ替わりそうには思えないので、

MM+
SP
MM Reg
MM L(今回実験は省略)

の順で明るいのではないかと思われます。

Posted by: イルミナム | February 06, 2005 at 17:12

こんにちは、Illuminumさん。

これはまさに私がやろうとしていた実験です。m(__)m

Luxeonのbin、個体差で一概には言えないと思いますが、今回の実験結果からは1AAでの点灯初期にはMM+が最も明るいということになるのでしょうか。

Posted by: Silver | February 06, 2005 at 08:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/2820552

Listed below are links to weblogs that reference 単三1本で光るドロップインモジュール:

» 1AAに最適なDDコンは? [Ex Oriente Lux]
1AAでLuxeonを駆動できるDC-DC Comverterはいくつかあるので [Read More]

Tracked on February 07, 2005 at 21:05

« 無反射コーティング(ARコート) その2 | Main | ドロップインモジュール作製でのエポキシ充填方法 »