« January 2005 | Main | March 2005 »

February 27, 2005

ちょっと気になるLEDの光のお話

先月、現在多くのフラッシュライト(懐中電灯)に使われている白色LEDの発光のスペクトルをご紹介しましたが、ちょっと気になることがあるので書いて見ます。



現在の白色LEDは青の発光に黄色の蛍光体で白色を作っていますので、以前にもご紹介した上図の LSH_MOD のグラフのように発光しています。

一方、人間の目は色別に見える強さが違う(視感度と言われます)ので青や赤は見え難くなります。余談ですが、紫外線や赤外線は見えませんが、いきなりその波長の光が見えなくなるのではなくその波長に向かって徐々に見え難くなる結果として紫外線や赤外線が見えなくなるのだそうです。

上記 LSH_MOD のLEDスペクトルを人間の目で感じる強度に変えると下図の赤い線で示したようになります。(青い線が視感度です)



このグラフよりLEDからはかなり強い青の発光があるものの、目にはその青をあまり感じないことが分かります。

また、一方、継続的青色LED光 (460nm) の照射は網膜に障害を起し視覚障害をもたらす可能性があることが言われています。このため、白色LEDの光を直視しているとその青成分で知らぬ間に目に悪影響が有るかもしれないと知っておく必要がありそうです。

そんな訳で、ますますハイパワーとなって来たLEDライトの光は、目が眩まなければ白色LEDの光源を直視しても大丈夫とは考えずに、出来るだけ白色LEDの光は直視しない方が目には安全だと思われます。

私は、LEDライトの普及を個人的に応援していますが、その長所・短所を正しく知ることも大切だと思い今回記事にしてみました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

ライトのイメージ写真

何となく久しぶりにライトのイメージ写真を撮ってみました。

今回の写真はニコンD70で撮りました。ほぼモノトーンなのでツァイスレンズは使わずにニコンのマニアル・マイクロ 3.5/55 を f11 で使っています。



「小型のライトは文房具のような存在だ」といった感じでこじゃれたイメージを出して見ようと思いました。しかし、イメージしていた革のシステムファイルが見当たらずちょっと潤いの少ない革のファイルでの撮影となりました。

革のファイルを使ったのは、金属が多く無機質な部分が多くなるので少し生活感を出すために潤いのあるものを加えたかったからですが、ちょっと乾いた感じになってしまいました。また、「壱式」が2本あるのはライトが主役なのですが小さいので2本にしてライトの存在感を強くしました。さらに背景(下の台)は木のテーブルにするか、いつもの黒いPCの上にするか迷ったのですが、木のテーブルだと革のファイルと色が混じり見難くなると思い、少し画面のコントラストが高くなるのですがメリハリも出てパッと見の印象が強くなることも期待して今回は黒バックを選びました。

壁紙のサイズにして 壁紙ページ を1年1ヶ月ぶりに更新しました。しかし、コントラストが強い写真なので壁紙には向きません(^^;


| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 26, 2005

砲弾型 LED ライト見直し 大作戦 その2

サンドイッチショップ で 5mm砲弾型LEDの先端を研磨し照射角度を広くしている MJLED を売っていたので、早速買ってみました。


写真左側は日亜化学製 5mmLED です。

このLEDは 100mA 流せるというもので、韓国製の22カンデラ5mmLEDを改造したのでは?と推測されます。

MJLEDは、最初にLambd(ラムダ)氏 が CPFでミニマグのリフレクターとセットで販売していたもので、ミニマグAA(単三)タイプにリチウム電池で使用すると初期照度から50%照度に低下するまでの時間が35時間という驚異的なランタイムが得られると言われています。

そんな訳で、早速MJLEDを以前MOD(改造)した MAG SOLITAIRE の日亜製 5mmLED を MJLED と交換してみました。

この SOLITAIRE は、単四 1/3 サイズのニッケル水素電池(160mAH)を3本でダイレクトドライブします。そのため、充電直後の電圧では 4.2V 程度となりMJLEDには 100mA を超える電流が流れているものと思われます。

 


電子回路が無いため照度が下がっていくことと、電池が小さいためにランタイムが1時間程度と思われるなど、まだまだ改善の余地はあるものの、なかなか明るく光ります。そのため、 Luxeon のアンダードライブモデルと比較してもなかなかなものです。

ただし、リフレクターの加工がマズイため、照射のパタンはあまり綺麗ではありません(^^;

 


 照度:159 lx/50cm
 イルミナムインデクス:191,961

ただし、単四 1/3 サイズの電池は充電に工夫が必要となるなどちょっと手間がかかる部分もあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

砲弾型 LED ライト見直し 大作戦 その1

この1、2年はLEDライトの性能がぐんぐんと良くなってきました。このためLEDライトは高性能化し、とても明るくなってきました。

例えば、超小型ライトのカトキチさんの「壱式」 Doug Speck さんの「 Fire^Fly CR2 」 などは夜道を照らしながら歩くのは十分な明るさ性能となりました。


しかしその一方、「近距離を照らすには明るすぎる」「電池代がかさむ」など高性能なりの悩みも増えてきました。このため、ちょっとした光が欲しいときの明かりとして砲弾型LED タイプ(特に 5mmLED )のライトを見直してみようと思います。

実際は、ドアのキー穴を見る用途は携帯電話画面のバックライトで十分なのですが、5mm LED でも有る程度の照度が取れ、用途によってはかなり使える可能性がありそうです。

そんなことで 砲弾型 LED タイプ(特に 5mmLED )に注目し、機会を捉えて分かったことや実験してみたこと などをこのページでお伝えして行きたいと思います。



左より、Infinty UltraKey MateARC AAAARC AA、Superfire-Replica (silver)、同 (Black)、Photon Freedom、Pelican L1、LEDLenser Vsquare Key Finder、GENTOS SG-03


先ずは、まだレビューしていない Superfire-Replica とその右側のライト群を今後 イルミナム のページでレビュー予定です。


 

 

大作戦と書きましたが、戦略は全く考えていません。いつものように無計画・場当たり的作戦です。また、電池交換レベルの分解をしたところ、Pelican L1 が即 Luxeon 化MOD(改造)が出来そうな予感・・・・?

スタートする前から、すでに横道に逸れています・・・(^^;


| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 11, 2005

ちょっと横道 その4 マニアル式デジタル一眼レフ

nyanmaru さん、ひまぱのぱ さん こんにちは。

コメントを頂いたので調子に乗ってデジタル一眼レフの記事を続けてしまいます(^^;

さて、ハイブリッド・デジタル一眼レフ(カール・ツァイスレンズ+ニコンD70)は、ほぼ完全マニアル機です。

先ず、レンズは古いのでマニアルフォーカスです。

そしてD70はニコンのレンズであってもマニアルフォーカスレンズでは露出が自動になりません。

そんな訳で、晴れならf8/s250程度などと見当を付けて“エイやっ”とテスト撮り確認をします。そして、撮影後に画像を背面のモニターで見ながら横の丸十字キーを右に押しヒストグラムを表示させることで明るさ分布から露出の具合がかなり良く確認できます。

だいたい露出が合ったところで本撮影を開始し、シャッター速度を少し変えて適当な枚数撮影します。

なお、ニコンレンズでないときは絞りが自動開放にならないため、先ず絞り開放でピントを合わせ、絞り込んでシャッターを切ります。

三脚などにカメラを固定している時は、ピントも少し前後させて撮影することもあります。このD70はピントの山がかなり見辛いので対象物の前ピンや後ピンが出やすくちょっと神経を使います。

そんな訳で、ハイブリッドで使う時は、絞り操作も手動、ピントも手動、露出も手動になります。

私は、遥か昔のレンジファインダーカメラ時代から写真を撮っていますので、こんな操作も楽しくやっています。昔と比べるとファインダー誤差も少ないし(見たところよりちょっと曲がって写っているようですが)露出具合も直ぐに分かりとても便利になったものだと・・・。

しかし、多くの方々にはこんなに手間が掛かることを・・・、と呆れられてしまいますね、きっと・・・(^^;


| | Comments (4) | TrackBack (0)

ちょっと横道 その3 デジタル一眼レフ

Silver さんのところでデジタル一眼レフの話題で盛り上がっています。そんな訳で、私もトラックバックし、ちょっと書いてみたいと思います。

私はいわゆるマニア系なのでカメラも思い切りマニアです。といっても、昔のことで10年以上ご無沙汰です。しかし、デジタル一眼レフカメラは、昨年ニコンのD70を購入してしまいました。

そして、D70での花の写真は15年以上前に 荒くれMOD したニコン/コンタクスのマウント変換アダプターを使ってカール・ツァイスのレンズを使って撮影しています。マウント変換アダプターが中間リングの役目をして接写ができます(実際にはさらに中間リングを足して使っています)。


上の写真のレンズは、左からカール・ツァイスf2/135mm、ムターI(テレコンバータです)、荒くれMODマウント変換アダプター、ニコン18-70mmズームレンズ です。

荒くれMODマウント変換アダプターは、黒い部分がコンタクスマウント、銀色の部分がニコンマウントで、エポキシ接着剤で貼り合せたものです。

「ちょっと横道」の梅の花の撮影で使ったレンズは、この写真のカール・ツァイスf2/135mm に ソフターII というソフトフォーカスフィルターと付けています。

昔はコダクロームというスライド用のフィルムを少し露出オーバー目で使っていました。その発色からの経験でD70の発色を見ると、薄めの色の発色が悪いようです。薄い色あいが出ずグレーになってしまうような気がします。

フラッシュライトの写真をそろそろこのD70で撮りたいと思っているのですが、インスピレーションが不足でまだ撮影が出来そうにありません(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (2)

February 06, 2005

ドロップインモジュール作製でのエポキシ充填方法

ドロップインモジュールにエポキシを充填する方法は、あまり方法は紹介されていないようなので私のやっている方法を紹介いたします。

最初に基板に隙間が出来ないようにビニールテープをしっかり巻き付けます。
その後、写真のようにビニールテープに窓を開けます。
なお、窓が基板を連結するコネクター部分に当たってしまうとエポキシが注入し難いのでそこを避けてカッターで切り抜きます。

ウエインさん推奨のデブコン2tonを割り箸などで良く練って窓から垂らします。私は、強度的に強い30分硬化型を使っていますが5分硬化型などの方が液だれが少なく使い易いようです。なお、サンドイッチショップのモジュールのエポキシには色が付いていますが、粉末の顔料などを混ぜると色が付くハズです。
なお、冬の寒い時期は硬化時間がかなり延びるので、電気ポットの上など暖かい場所で硬化を待ちます。

デブコン2tonは流動性が良いので小さな窓から十分に充填できますが、小さな隙間や使用していない穴から染み出してしまいます。

はみ出たエポキシをカットすれば出来上がりです。なお、基板やエミッタボード上のエポキシは簡単に剥がれます。(このことは、基本的にこのエポキシの接着力はあまり期待できません。圧縮力に耐えることと放熱に効果があります)
写真左:Badboy、右:Super Converter

 


今回の Super Converter は幾分充填不足で穴が出来ています。気になる場合は追加充填しても良いのですがこの程度であれば全く問題無いと思っています。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

単三1本で光るドロップインモジュール

単三電池1本で Luxeon LED が動く ARC MANIA 氏の Super Converter を買う機会が有ったので試してみました。


そこでドロップインモジュールに作り、INFINITY MOD2 に入れることにしました。

サンドイッチショップで買って有ったドロップインモジュール作製用の "Connector and Bare Emitter Board" を Super Converter にもそのまま使って組立てることにしました。ただし、Badboy はコネクター2本づつで組立ますが、こちらは1本づつとなります。

治具代わりに ECan を使用しました( ECan を利用するのは kj さんのテクニックです)。

先ずは、コネクターを Super Converter にハンダ付けします。ハンダゴテの出力が大きいとボード上のチップが取れるなど悪影響があるそうなので、15W のコテをスポンジの水で冷やしながら慎重に取付けました。

 

その後、Bare Emitter Board 側のコネクターを極性を間違えないようにハンダ付けしました。なお、+接点にハンダを盛るのは熱的にマズそうなので、モジュールの高さを 1.5mm ほど高く仕上げました。これでその気になれば Fire~Fly でも高さ的には使えるハズです(モジュール固定方法は要検討ですが・・・)。

 

LED は、何を付けようか迷ったのですが、使用目的は単三1本のニッケル水素電池なので、Vf ランクの低い LED の方が明るいのではないかと考え、TX0J と QW0H を比較するとQW0H の方が少しだけ電流が多く流れることが分かったので、QW0H を付けることにしました。

単三電池1本で使えるドロップインモジュールです。
左から、Madmax Plus Lux3(T)、Madmax Plus Lux3(TX0J)、Madmax Reg LuxI(R2H)、Super Converter LuxI(QW0H) です。
なお、Super Converter のモジュールはこの後エポキシを入れ圧縮強度を向上させる予定です(エポキシなしで使うとミニマグなどで使った時、コネクターとボードのハンダが外れモジュールが潰れます)。

なお、ドロップインモジュールは使用する LED でも明るさが変わり、また効率などはランタイムを取らないと分からないので、本来比較のしようが無いのですが、取り敢えず他のモジュールとの明るさ比較をして見ました。

Madmax Plus Lux3(T)・・・・・・・・1,239 lx/50cm
Madmax Plus Lux3(TX0J) ・・・・・・1,276
Madmax Reg LuxI(R2H)・・・・・・・・940
Super Converter LuxI(QW0H)・・・・955

この結果からは Super Converter は Madmax Regular よりは電流が多く流れているようです。なお、ホームページ上のデータは、コリメータにCutdown NX-05 + Madmax Lite を使用していますが、今回のデータはCutdown Fraen LP を使っているのでデータや照射などは比較ができません。悪しからずご了承くださいm(_ _)m


Super Converter (SC600)の公称値は以下のようです
 1.2V~3.2Vに対応
 1 x CR2/CR123リチウム電池 使用時: 600mA 出力
 2 x AA アルカリ/オキシライド電池 使用時: 600mA 出力
 2 x NiMH2100mAh~2300mAh 使用時:580mA 出力
 1.2Vの場合:380mA 出力

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 04, 2005

無反射コーティング(ARコート) その2

Silver さんのブログページがスタートしました。

その中に、無反射コーティング(ARコート)の記事があり、データが出ていました。

特にサファイヤガラスへのARコートが効果的で透過率も高くなるようです。
(Silver さんのブログへは ブログ仲間 のリンク 「Ex Oriente Lux 」から行けます。原文をご参照ください)

サファイヤガラスは、とても高価でミニマグ用でも $20.00 もするため、1年半ほど前に一枚試しに買ったことがあるのですが、少し使ったものの貧乏症のため結局もったいなくて仕舞い込んでしまいました。

しかしEDCとして使っても少々のことではキズが付かないハズですから サファイヤガラス+ARコート は 強さと透過率の高さ で最強みたいですね。

また一つ勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2005 | Main | March 2005 »