« ちょっとノスタルジック | Main | “LEDライトスタンドを作る” その1 »

January 16, 2005

パワーLEDのW数表示

LEDライトのスペックを見る時、つい惑わされる数字があります。

イルミナムのページでも LED の種類の区別を示し易すくするため 1W などと表記していますが、商品にも慣例のように LED の W 数表示をしているものがあります。

しかし、この呼び名として存在する数字が往々に一人歩きしてしまい誤解の元となることがあります。

そんな訳で最近の Surefire LED コンバージョンヘッド KL1(新型) は 1W と書かれたモデルと 3W と書かれたモデルがありますので比較して見る事にしました(下の写真をご参照ください)。もっともこの表示は間違っていたものを修正したという可能性もありますが、パッケージに明確に記載されているとかなり気になるものです。



以下の写真・グラフはいずれも 左(上)が 1W 表示品で、右(下)が3W 表示品です。


  
中央照度は、1W表示:4,120 lx/50cm、3W表示:4,250 lx/50cm でした。

  
明るさを20段階で示したものです(20段階目は黒です)。

  
イルミナムインデクスです。左右いっぱいで84°(200目盛り)です。


これらのデータから 1W 表示品と 3W 表示品では、3W 表示品の方が少しデータが良いのですが、経験的には LED のバラツキの範囲ではないかと思える結果でした。

買う前にそのライトのLED の性能(特に明るさ)が分かるようになると良いですね。その意味では、Surefire の L2pp などでの 100 Lumens という表示は正解で、同社のKL1(新型)のような 1W や3W という表示は分かり難いかもしれませんね。

なお、LED のW数の実測は、LED へ供給される 「電圧x電流」 ですが簡単には測定出来ないので電池から流れる電圧x電流x0.8(回路などの効率)辺りで推定すると良いかもしれません。

|

« ちょっとノスタルジック | Main | “LEDライトスタンドを作る” その1 »

Comments

kj さん、こんにちは。

これは勉強になります。CPF のLED にて今まさにこのようなスレッドが進行していたのですね。ご紹介、有難うございました。

LuxI(1W) とLuxIII(3W) は同じ電力(W) ではほぼ同じような明るさなのですね。

さらに点灯し続けるとVf が下がるとか、また、パルス駆動で減光すると直流で減光するより色変化が少ないなど興味深い話が一杯です。

確かに、冷却が上手く出来れば Silver さんが仰っていたとおり LuxI(1W) の耐入力性も高そうですし、LuxIII(3W) もさらに大きな電流が流せそうですね。CPF を良く読み勉強したいと思います。英語の壁は高いですが・・(^^;

Posted by: イルミナム | January 19, 2005 at 23:08

Takifugu さん、こんばんは。

Lux1 のQ ランクはもっと見直しても良いかもしれませんね。実は、手持ちの古いドロップインモジュールのLux1 (Qランクも含め)を順次Lux3 のT に交換していく予定だったのですが、もう少し予備実験をして、どこにメリットが有るかを良く確認してからにします。

昔のBatwing の中央青周囲黄色は改善できそうですが・・・(^^;

Posted by: イルミナム | January 17, 2005 at 23:23

Illuminumさん、Silverさん、こんばんは。

Lux I Q BinとLux III T Binではほぼ同じ明るさという調査結果を見たことがあります。
Lux I とIII が同じものだったら、良Bin Lux I はお買い得ということですね (^^

Lux III ではSide Emitting はあるのに、Batwing がないのが不思議です。

Luxeon、謎が色々あって面白いですね。

Posted by: Takifugu | January 17, 2005 at 20:11

Silver さん、こんばんは。

私も、3W は 1W の選別品と聞いたことが有ります。CPU と同じ考え方のようですね。

たしかにエミッタで放熱を良くすることで耐入力性は上がりそうな気がして来ました。懐中電灯用途のような間欠使用であれば自己責任で試して見る価値がありそうですね。

確かにARC4+ も boost モードでは 1W LED をかなりハイパワー駆動していましたね。

しかし1W 品を1000mA 駆動する度胸は・・・(^^;;


Posted by: イルミナム | January 16, 2005 at 23:26

Takifuguさん、Illuminumさん、こんばんは。

これはもしかしたら危険なことかもかもしれませんが、Emitter化して放熱対策をしっかり考えたLuxeon HD(1w)は3w入力にも耐えうるのではないか?と思っております。

Starを見ると1wではエポキシ基盤にEmitterが乗っている構造ですが、3wではアルミベース上に直接乗る構造となっており、これが放熱的に有利=大入力にも耐えうる構造となっているのでは?ということです。

代わってEmitter版を見比べると足の太さも同一で、1wも3wも一見判別できない全く同じ品に見えます。

これは私の想像ですが、
・3w Starはアルミベースにエミッタを乗せる構造のため、脚部は5wのような構造とし、エミッタ部は1wと同プロセスで製作
・3w Emitterは1w Emitterの選別品(製造プロセスは全く同一)

のような気がしてなりません。^^;;

ただ、ボンディングワイヤ径などを違えている可能性もあるので、大入力時で3wが使える時には素直にこれを使うのが吉だとも言えます。^^;;;

Posted by: Silver | January 16, 2005 at 21:35

Silver さん、Takifugu さん、こんにちは。

たしかに最近はLuxeon I の R ランクなどは話を聞かなくなり、LuxIIIの T ランクはサンドイッチショップで買えるなど見る機会が多くなりました。

もっとも700mA や1000mA を流す場合はLuxIII でないとダメでしょうね。

Posted by: イルミナム | January 16, 2005 at 21:00

Illuminumさん、Silverさん、こんにちは。

Luxeon I vs. Luxeon IIIは沢山の議論を招きそうな話題で皆様の意見にはとても興味があります。
LEDのVf、Flux、そして使用電流が複合的に関係しているため誤解をしやすいすよね。
Surefire製品に1Wとか3Wと表示するのはどうかと思います。実際にそれだけの電流が流れているかは分かりませんが、Illuminumさんの結果を見る限りそうには思えません。
LumiledsではLuxeon I、Luxeon IIIと表現しています。

個人的にはLux III TW0Jを500mA前後にunderdriveするのが最近の好みですが、Lux I QWOHも400mA前後で使用するにはよさそうな気がします。
Lux IIIをunderdriveした場合には色合い(Tint)が顕著に出てしまうようなのでLEDのBINもとても重要ですね。

近頃はCPFではTW0JのLuxeonがよく出回っているようなのでSilverさんの仰っているように製造プロセスが改善されているのでしょうか。
最近はTY0Jに興味を引かれておりますがこれがなかなか出回らない代物です(w

Posted by: Takifugu | January 16, 2005 at 16:36

こんにちは、Illuminumさん。

私の経験的にも同電流を流した時にはLuxeon HD(1w)とLuxeonIII(3w)間では明るさにあまり差を感じません。
ただし、良Binが手に入るときにはこれを積極的に使うことにしておりますが、良Binが3wに多いため結果的に3w多用ということになっております。
「当たり玉」の確率は良Binの方が高いので、1w<3wという図式となっているのかな?とも思っております。

「1wのLEDを3wに変えると劇的に明るくなる」ように思われている方々も多いようですが、このような結果になることは稀です。^^;

ただ、製造年の新しい方が良Binもしくは同Bin中の「当たり玉」に当たる確率が高い気もしております。製造プロセスが改善されているのかもしれません。 

Posted by: Silver | January 16, 2005 at 15:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/2587492

Listed below are links to weblogs that reference パワーLEDのW数表示 :

« ちょっとノスタルジック | Main | “LEDライトスタンドを作る” その1 »